今日の産声

タテヨコ企画の遊佐絵里による個人ブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

多栄ちゃん↑↑カメラトーク

フィンランドに
愛機ニコマートを持って行くために
今一度、使い方をレクチャーして!

って、タエちゃん聞く相手間違えてないかい?

なんてね

私の持っているマニュアル一眼レフより高性能で
触っているのが楽しい

そして、あれやこれやと質問に答えると
改めて自分でも「そうだよなー」って

にしても彼女の向上心たるやスバラシイ!
旅行を控えて胸躍りまくっているのと相俟って
目をキラキラさせて、可愛らしくてしかたない
そりゃ成長するってものです

フィンランド、楽しんでくるのだよ

成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

あのとき君は若かった

たえ1 えり1
1年と少し前の成城納言第1回公演@ギャラリール・デコ

タエちゃんと私は、稽古場で撮った当パンの写真が気に入らなくて
小屋入りしてからふたりでお互いを撮り合って遊んでいた。

うん、コレ完全に遊んでる。

小道具の腕時計をスグ無くしてしまうので、自分のとふたつ付けてたんだっけ。
なんて、出てきたこの写真で思い出す。意味わかんないことやってるね。

なつかしーねー

思い返せば、その後の他のどの公演よりも、
この時イチバン余裕あったのね。
意外な事に。

たえ2
タエちゃん、カワイく撮れた。


えり2
この頃、顔、細かったなー・・・
成城納言な | comments(2) | trackbacks(0)

冬至とギネスビール

タエさん(成城納言)が熱望していたアイリッシュパブ行き。
私も近所に居ながら行った事は一度も無く、
なら年内に!さしで飲もう〜
なんて話をしていた。
そして今日、会社の忘年会を蹴ってやってきたタエさん。

この歳になるとね、
約束は覚えているのだけど、忘れたわけじゃないのだけど、
あー、結局まだ果たせてないねぇ、という事の方が多い。

「だって、年内に行こう!って言ったじゃん?だったら今日しか無理!」
仕事を猛スピードでやっつけて来てくれた。素敵だ。

ハッピーアワーに間に合う時間に入店。
このハッピーアワー、早い時間は安くビールを提供してくれる制度。
もとはイギリスから生まれたものだそうで、
向こうでは遅くまで飲んで泥酔するということはまず無く、
みんな仕事帰りに1、2杯ひっかけて、8時9時には家に帰りガーデニングをする。という習慣らしい。ま、陽が長いというのもあるけれど。
だから、日本でその(夜中に泥酔)光景を目にすると
「あの真面目な日本人が、何故?!」と、とても驚愕するらしい。
真面目だからこそ、就労時間過ぎてもキリが良いところまで働いて、疲れて、でもちょっと飲みたくて、そこで飲んでしまったら思った以上にお酒廻っちゃったりしちゃうのかな。
頑張れ企業戦士!!
てか、ガーデニングって言葉自体が優雅すぎてクラクラするよ〜(笑)

そんなんで入った店内は「ココ日本じゃナイ!」
ビールはちゃんと冷えていた。
スルスルと飲めて、美味しい!!
ローストビーフ分厚い!!!

二人とも見かけに寄らず立て板に水だから。
私の場合は水がつっかかることも多いけど。
ほっといたらいつまででも話し続けるだろうと思われる。

時計を見たら、21時。
まあ!
さすがスタート早いだけあるね。
すごいわ、優秀よ、奥さん!!
ガーデニング出来るじゃない!陽、沈んでるってば。何処よ庭?
いやいやいやいやいや。

濃密な時間だったなー。

演る or DIE
ではないやり方があるのだから(ナルホド。)
もっと模索して、研究して、試したい。

今度はSJNGメンバー3人でちゃんと会うから!

まずはおひげ電視台への乱入か・・・。


追伸:
タエちゃんと私の年齢差はざっと5歳、タエちゃんの方がヤンガー。
でもなぜか「えりちゃーん」byタエ
「タエさんっっ」saidえり
というのが笑い話になっているので、
今日のところは『タエさん』で統一してみました。
成城納言な | comments(4) | trackbacks(0)

勝手に時を止めていた…

成城納言webを更新しました。

皆さんのご好意に、少しづつでも応えていきたいジョギングジョギングジョギング



***全くの余談です***
舞台経験の少ない私ですが
7割くらいの確率で撃たれたり撃たれかけたり。
銃に縁があるらしい・・・などと
作りながら思ったのでした。
成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

あれ?

pen本私が外の公演に出ると応援に来てくれる、
成城納言のリーダー、東さん。
終演後の面会時に見知った顔に会えるのは
なによりもホント嬉しいものです。
そして、どんな時も
見守って、支えてくれている。

金曜に会った時に
「やっと見つけてん!」
と、私にくれたぺんぎんさんの絵本。

探しててくれたんだ・・・そんな事つゆしらずだった。
思わぬプレゼントに、ほっこり。

そして世間話やら、プレ企画会議やら。

そんななかで、ある時をきっかけに念頭から離れなくなってしまった事があり、
ただ、それはさほどたいした事でもなく、
あえて誰かに言うことではないので、
かといって、一人で悶々としているのも何なので
言うだけ言って聞くだけ聞いてみてもらおう!
と意を決し

「あのね、間違ってると言ったら思ってね。」

・・・・・ん??????

ちがうちがうちがう。言う前にそもそもが間違えてる。

「違った(汗)!間違えてると思ったら言ってね、だ。」

これではね、ほんと、
「駄目だ、ミッキーが笑ってる…」
と言ったお友達の元彼氏のお友達の気持ちが、逆に
イヤという程ワカル気がしてしまった。

成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

カメラ・トーク

土曜は、
中野さん演出作品@国際芸術祭の観劇
アンド
くうちゃん参加写真展の鑑賞
そしてもうひとつ、
成城納言第1回公演の清算会がありました。

SJNGメンバーには会っていたけれど、フジタくん・ひっきー(引間克朋くん)は公演ぶり。
うっすらと鬚を生やしていても、やっぱりひっきーはカワイカッタ。
フジタくんも公演直後のインフルエンザは吹っ飛んだようで、元気そうでよかった。
つい1週間前までルデコの舞台裏通路がそのまま楽屋になっているような状況のなか、みんなで毎日ワイワイやってたのが嘘のよう。

その後、タエさんが「もらったお古のカメラを使いたいので、教えて!」
とのことで、場所を移し二人でカメラトーク。
とても状態の良いニコンのものでした。
ペンタックス使いの私は少々格闘しながらも、
故障してない事が判明、これでタエさんともカメラ友達。
探究心旺盛かつ飲み込みが早くセンスも良いタエさんに負けないように私も沢山撮ろう!
成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

ようやく、じわじわと。

実感が湧いてきました。

無事に、成城納言の旗揚げ公演を終えられた。
みなさんに観ていただけた。
開幕して、閉幕したんだ・・・・・
その4日間、間違いなく舞台に立ってたんだ。みんなと。

終わった時は自分の至らなさに反省ばかりで
それでも火曜、水曜と成城納言メンバー、あづまさんタエさんと会って
残務を片付けていたりしていたら
じわりじわりじわりーと、例えようのない、
「今日の空を忘れない」的な?
そんな気持ちになってきました。

優しい目で見守ってくれたみんな。
本当にありがとう。

これからもっと成長したいな。ガンバル。


役者として?

成城納言の一員として?

人間として?


うん、全部です。
成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

めずらしいことではないけれど。

今日の稽古中、
あれ?目薬がまぶたから流れる、あれれ?なんで?
と思ったら、目薬を注そうとしてる方の目を必死に瞑っていた。

成城納言のタエさんはそれを見て
「いつものことながら・・・ゴクロウサマ。」

私より全然若いのにとってもお姉さんなタエさんなのです。

けれど、

「ん?いつもの事・・・?」

まだそんなにボケをさらしたつもりはない私。
無意識に何かやってしまっているか、
はたまたタエさんの洞察力の鋭さ?
成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

覚悟はしていたけれど、思っていた以上に

余裕がない!「よ」の字もない。どこにもない。これっぽっちもない。
いっぱいいっぱいだ!!
溢れてる〜〜〜〜〜
なんじゃこりゃー

と、成城納言旗揚げ公演『猫色マリネ』の稽古が始まり、早くも飽和状態の私。

けれども演出の斎藤さんはさすがにプロ。
とても根気づよく演出を付けて下さる。
そして発想がとにかく凄い。
あまりにおっかしくて笑いすぎて涙が止まらない状態になることしばしば。

一緒に出来る事のありがたさを、感謝を、一生忘れません。
成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)

稽古・読み合わせ

成城納言第1回公演の稽古。
役者陣での読み合わせをとりあえず終え、
あまりのダメさに再起不能に近いところを彷徨ってます、、ユサエリです。
口が全くと言っていい程回らず。
声も出ない。
酷いモンです。
今が底辺なら、頑張って這い上がれば良い!
と自分を鼓舞してみせても、その矢先、
ひたすら堕落を続ける可能性だって無くはないのよね…
なんて後ろ向きなんだ!
でも、これでやっと自分が板に立つ自覚が出てきたのかもしれません。

「こんなんではいかん」と思うのですが、
ほかの事に気を取られすぎて、役者で出る事を完全に忘れかけてました。
成城納言な | comments(0) | trackbacks(0)