今日の産声

タテヨコ企画の遊佐絵里による個人ブログ
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 衣装にまつわるエトセトラ―――ぴろちゃん、和香ちゃん、よっしーthanks!! | main | 動物電気2006冬公演『三女の食欲』 >>

望月正俊×好宮温太郎 展 『Reborn×再生』@bar&kitchin Kanna

銀河鉄道の夜で一緒だったあつたろさんの作品が展示されている、
ということで、ぴろこちゃん、わかちゃんと行ってきました。
会場は中野のbar&kitchin Kanna
こぢんまりとした、とっても居心地の良い温かなお店です。
お食事も美味しくて、お酒もイロイロ揃ってます。

kanna1

 “RE=再”で始まる単語は数多ある。
それはいかに世の中に繰り返し、
繰り返されることが多いかを
暗示するように思える。(望月正俊)
 再生=Reborn≒リボンから始まって
繰り返すという言葉をもらい
走馬灯≒回り灯籠という決着を付けた。
たまに回らなかったりする。(好宮温太郎)
(以上、フライヤーより)

店内には柔らかな光の文字が浮かぶ回り灯籠がいくつか、
それぞれのペース、回転方向で回ったり、たまに回らなかったりしていました。

しばらくするとあつたろさんもkannaに登場。
過去の立体作品も見せてもらって、思わず「あっちゃんかっこいー」

以下の作品はどれも、新聞紙に着彩したものとのこと。
とてもそうは見えなくて。

トビウサギ
トビウサギ。前足、後ろ足ともキュート。

ネズミクイ
ネズミクイ。ミニマムな作品。これには芯を入れず、紙だけだそう。

コウモリ
コウモリ。逆光(泣)

あっちゃん
あつたろさんも逆光だ(号泣)

にしても【好宮温太郎:よしみやあつたろう】
一度見たら絶対に忘れない名前だ。
これもある意味才能か、と思ってしまう。
けれど、
名前だけ聞いていて実際本人に会うまでは、もっと、町の電気屋さん的イメージ(この仮令、わかりづらい!と不評デシタ;;;)を勝手に持っていたもので、アーティスティックなお兄さんが現れたときは驚きましたねー。

しばらくして春山さんも合流し、
居心地の良いkannaで素敵な仲間とのひとときを楽しみました。

そんなこんなで、最近出会う人々の影響からか、
久々に“写真撮りたいモード”復活中。
撮りたいときは馬鹿みたいに撮りまくって、
撮らないときは梃子でも動かない…みたいな。
何が作用しているのかわからないけれど。
気持ちの余裕もあるかな、なんとなく。

これからはのびのび生きよう!

ってどないな締めやねん。

そうそう、この展示は16日までです。
みなさん、ゴー!ですよ。

和香わか
和香姫。に、語りかけるトビウサギ。
鑑賞記録 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

無事撤収しました
ありがとうね
あつたろ | 2006/12/18 2:15 AM
>あつたろさん
おつかれさまーですー。
灯籠たちは何処に行く、基、行ったのでしょう。
えり | 2006/12/18 2:44 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eriri-s.jugem.jp/trackback/168
この記事に対するトラックバック