今日の産声

タテヨコ企画の遊佐絵里による個人ブログ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 結果、不確定申告 | main | 第1場 未亡人ですがなにか? >>

少年社中『チャンドラワークス』

チャンドラワークス
「これは創作現場を舞台とした作品で、
 モノ創りに関わっている人なら
 一度は経験したり、感じたり・・・」
と、作・演出の毛利さん。

ええ、はい。泣かされつ。

物語として受取るだけじゃなく、
見ているうちに、ある役柄と自分とを勝手に重ね合わせていたり、
鍛錬、だー。と思える役者さんたちの挙動に魅入ったり。
衣装もカワイかった!似合っていてウラヤマシイ。

話は客席に変わるけど、
タンタン・スギさんとは会うかな?と思っていたので「ちわー」と。
するとさらに吉住くんにカトゥ先生、ぴろこちゃん、あつたろさんまで居て
ここまで揃うと壮観、圧巻。すごいなー!
完全に油断していた私は予想外の出来事に
ただひたすらたじたじオロオロしてしまったのでありました。
常々みなさんには会いたい、と思っているのに。


少年社中第18回公演『チャンドラワークス』

2007年2月7日(水)〜12日(月)@中野ザ・ポケット

作・演出:毛利亘宏

出  演:井俣太良 大竹えり 岩田有民 堀池直毅  森 大
     廿浦裕介 加藤良子 長谷川太郎 杉山未央 山川ありそ
鑑賞記録 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック