今日の産声

タテヨコ企画の遊佐絵里による個人ブログ
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< にしすがも創造舎演劇上演プロジェクト vol.4『アトミック・サバイバー』―ワーニャの子どもたちー | main | 怒濤の週末も >>

ショウマン 〜素敵すぎな人が身近に多いことの弊害?

2月も終盤を迎えてしまいましたー。

昨年末に声を大にして言っていた
「2007年は観ることにこだわる!」

この2ヶ月、ココに書いたものから書き残さなかったものまで
いろいろな公演を観させてもらって。
いまワタシ
「それ見たことか!」状態に。

観劇貧乏?
いや、ま、たしかにそれもあるけども。

芝居してぇーよぉー

沸点に達したのが先日のタンタン邸。
ホチキス観て、皆で仲良く終電を逃し、転がり込んだその日。
やがて時間が過ぎ、
ぴろこちゃんは本番へと向かい、
先日下北で観たばかりのあつたろさんは名古屋公演の稽古だというし。
タンタンはタンタンしているし。
アタシはなにしてんの?何なの。と思った。

ショウマンのラスト
――明日始まるショウに向けてここを離れまた歩くよ
が、単に舞台人の事を歌ってるだけじゃないにしても。

うだうだ言ってないで、
今、抱えている事を完全にやり遂げてから
それでもそう思うのだったらそうと言えばいい。

昨日までの成れの果て。
の、今の私じゃん!
なことは解りやすすぎる。
勝手に扉を閉めて、鍵をかけて。その鍵を失くしてしまって
びゃーびゃー泣きわめいているみたいよね。
無様だ。

ブ・ザ・マ、hey YO!

ヒップホップ調にしたところでどうなるっての。韻すらふんでないYO!

遅かれ早かれ、こうなることもわかってた気もする。
所詮私のことだ。
もともと芝居したい気持ちは山ほど持ってる。
それでも、
環境・状況といったことでもなく、時間的なことでもなく、
自分自身がネックになって
いま出来ないでいるから。
それで? | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eriri-s.jugem.jp/trackback/222
この記事に対するトラックバック