今日の産声

タテヨコ企画の遊佐絵里による個人ブログ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 夏仕様に | main | ひさびさ >>

「ヤロウ。」

きっと、父は、
「やろう」と思った、興味の向く先に進める事、
それが出来る事の有り難みを嫌というほど知っていて

今なお私に教え続けてくれている

そんな気がした。


あらためて、遊佐正明という人と話しがしたい。
いろんな事を聞いて、何て答えが返ってくるのか
とても知りたい。

叶わないけど。


19の私に言ったような、あの時のように

30を過ぎた今も


「楽しんでやればいいんだよ」


って、言うかな?
言ってるのかな。

雑記 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

たのしんでやればいいんだよ
ゼッタイにそう言ってくれる。
会話はできなくても、心の対話はできるかなぁ
身近な信頼するひとがなくなる経験がまだ私にはないから、えりちゃんの気持ちは想像の範囲でしかわからないんだけど、えりちゃんがパパを大事にいとおしく思う気持ちがあれば、ちゃんとぱぱも同じ気持ちで見守ってくれてると思う。
れーこ | 2007/07/27 11:03 AM
>れーこ
大好きな事があって、
大好きな人たちが居て
恵まれてると思う。ほんとに、あの時も今も。
れーこちゃんも、いつもありがとう☆
えり | 2007/07/28 1:15 AM
迷っていた気持ちを吹き飛ばし
「ヤロウ。」と腹をくくった瞬間から
キラキラしてくるよね。
その後は、どんなに大変でも疲れを知らない自分になれる。

「楽しんでやればいいんだよ」
一番心強い、背中を押される言葉。
パパは、素敵なことを教え続けてくれてるんだね〜。
maco | 2007/07/31 6:05 PM
>maco
にゃー
パパは、時代や環境がアレだったので
やりたいことも出来ないだらけだったんだなーって。
今の私には普通な事も、きっと、かけがえないものたちだ
ってね。

えり | 2007/08/01 10:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eriri-s.jugem.jp/trackback/307
この記事に対するトラックバック