今日の産声

タテヨコ企画の遊佐絵里による個人ブログ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< オハヨウの朝 | main | amaoto >>

『すくすく』ご予約受付中

 タテヨコ企画 第22回公演『すくすく』

コドモの場所でオトナが遊ぶ

遊びきりたいですね。
一時一時をしっかり感じて
刻み込んで。

そして、アナタに
みてもらいたいのです。


ご予約の際は、
http://ticket.corich.jp/apply/25767/003/(遊佐扱いのチケットとなります)
または、直接ご連絡いただいても、迅速にお席をご用意させていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。


タテヨコ企画第22回公演「すくすく」
〜コドモの場所でオトナが遊ぶ。

●公演日程:2011年6月30日(木)7月4日(月) 
全7ステージ
6/30木 19:30
7/01金 19:30
7/02土 15:00◎/19:00
7/03日 15:00◎/19:00
7/04月 15:00☆
※ 受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前
※ ◎=ママ・パパ観劇day(小さなお子様をお預かりいたします)
※ ☆=平日マチネ割引

●作・演出:横田修

●キャスト:青木柳葉魚 大塚あかね 舘智子 舘野完 西山竜一 久行しのぶ 向原徹 遊佐絵里 (以上タテヨコ企画)
青海衣央里(東京タンバリン) 五十嵐明(青年座) 伊藤真奈美(THE フォービーズ) 今村洋一(地下空港) 熊谷力丸 芝原弘(黒色綺譚カナリア派) 平佐喜子(Ort-d.d)ハマカワフミエ

●会場:吉祥寺シアター(JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅北口下車徒歩5分)

●料金:前売/3,500円(全席指定) 
当日/3,800円 平日マチネ割引/3,000円
*未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

●託児サービス:小さなお子さまを、上演中責任を持ってお預りします。安心して観劇をお楽しみ下さい。
*定員になり次第締め切らせていただきますので、必ず事前にお客様ご自身でお問い合わせ下さい。
お申し込み:イベント託児・マザーズ 
0120-788-222 
(お申込受付:月〜金曜 10:00〜12:00 13:00〜17:00)
日時:7月2日(土)・3日(日)15時の回
料金:¥500(チケット料金別)

●チケット取扱:タテヨコ企画(http://tateyoko.com/・http://keitai.tateyoko.com/・ticket-sukusuku@tateyoko.com)
●問合せ先: タテヨコ企画 (03-5490-3753 ・ information@tateyoko.com  )

朝目が覚めると体がありません
早速探しに出かけました
お耳さんとか
右手さんとか
背中とお腹の境目さんとか
左足の小指さんが見つかる頃には辺りは真っ暗
「帰らなきゃ」
「じゃあね」
「バイバーイ!」
寂しくて泣きそうでしたが
おめめがないので涙は出ません
お口もないから声も出ません
仕方ないので心の中で
「おやすみなさい」
するとどこか遠くのほうからも
「おやすみなさい」
どこから聞こえたのか
誰の声なのか
でもその声が聞こえたから
今日もまた眠りにつけるのです

-絵本「すくすく」より抜粋

□ものがたり
舞台はどこかの幼稚園。集会室では保護者有志と職員で作るコドモ向けミュージカル「すくすく」の練習が連日続いていた。お披露目は一週間後。しかし皆忙しいのか遅刻したりセリフを覚えてなかったりとオトナたちの足並みは揃わない。そんな中、主人公のお父さんがぎっくり腰で
入院!頭を抱えるオトナ達の目に映るのは偶然施設見学に来ていた若夫婦。二人にはまだ子供が居なかった・・・

絵本「すくすく」の不条理で荒唐無稽な世界を立体的に織り交ぜつつ、ヤイノヤイノと交わされる会話から今の時代にコドモと向き合うオトナ達の人間模様が見えてきます。

果たして「すくすく」は完成するのか?
そしてオトナ達の行く末は?

タテヨコ企画 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eriri-s.jugem.jp/trackback/401
この記事に対するトラックバック